虚しい「あるある」

第五十戦闘遊紀ランボー怒りのアフガンです。僕にはこんな「あるある」がある。よく行く店には魔女がいて、そいつが店の入り口や店内、いたるところにいる。この店は入り口が数カ所あるのだが完全に包囲されている。こいつと目を合わせると負けると僕は思っているのだがいかんせん相手は魔女。下を向きながら行き交う人にぶつからないよう入店するも油断するとこうである。もうこの時点で負けは確定したので今日の目標は「500円で...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。