虚しい「あるある」

第五十戦闘遊紀

ランボー怒りのアフガンです。

僕にはこんな「あるある」がある

よく行く店には魔女がいて、そいつが店の入り口や店内、いたるところにいる。



この店は入り口が数カ所あるのだが完全に包囲されている。


こいつと目を合わせると負けると僕は思っているのだがいかんせん相手は魔女。

下を向きながら行き交う人にぶつからないよう入店するも油断するとこうである。


もうこの時点で負けは確定したので今日の目標は「500円でもいいから勝つ」という矛盾した目標である。

豪快に負けたくないのでチキンな僕はジャグラーに着席。

ここでも「あるある」あるのである。

なかなか光らないこいつを見限ってこっちが光るよう念じる。



そう「リプレイランプ」である。


こっちに集中するとまぁ光る光る。


こんな感じで自分を誤魔化しているとたまに神様がいたずらするよね。


「違う方が光る」というヒキの弱いぼくならではのできごとなのだ。

こんな訳のわからん事をしていると勝てる訳もなく、結果2万やられて帰り際にダメ押しの「ざまぁみろ」だったのだ。


<皆様へのお願い>
当サイトはブログランキングに参加しております。
応援してくださる方、こちらのバナーを押していただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

↑よろしければポチお願いします!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お、お疲れ様です。。。
ジャグって何か光るところに意識いきますよね笑

僕もちら見程度にしてますけど
光りません。。。きついです。。。

かいでー 様

はい、、、、光りません。
なので今度2円スロットで光モノを乱打してやろうと思っています。

よかったー自分のホールには
魔女いなくて(笑)

竪立 様
綺麗な顔してとんでもねーやろーどもだよ、、、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。